観る・体験する

山海の幸、人の幸、美食家垂涎の味に酔う。

偉人が見染めた名湯に、身も心もときはなつ。

温かなもてなし、旅情あふれる湯の里の宿。

旅の想い出に彩りを添える、郷土の逸品。

目にも、体にも、心にも、感動サプライズ。

歴史と風土が織り成す、感激のひととき。

思いは深く、この地を愛する情熱人たち。

後世に語り継ぐ、豊浦ゆかりの偉人列伝。

妙青寺(みょうせいじ)

雪舟庭園も見どころのひとつ(下関市豊浦町川棚湯町)

妙青寺(みょうせいじ)

基本情報information

所在地 山口県下関市豊浦町川棚5192
アクセス 川棚温泉街 徒歩5分
JR山陰本線 川棚温泉駅から車で約5分
問い合わせ 妙青寺 TEL:083-772-0336
豊浦町観光協会 TEL:083-774-1211

応永23年(1416年)、長門国守護職に就いていた大内持盛によって創建された妙青寺は、大内氏滅亡の後、数奇な運命をたどり、明治2年(1869年)まで長府毛利藩によって支配されていました。行基作と伝えられる観世音菩薩が本尊。本堂裏にある池を配した庭園は、室町時代に活躍した水墨画家で禅僧の雪舟により造られたもので、5月上旬にはツツジが見頃を迎えます。御成門脇には、山頭火の句碑「湧いてあふれる中にねている」があります。

マップmap