観る・体験する

山海の幸、人の幸、美食家垂涎の味に酔う。

偉人が見染めた名湯に、身も心もときはなつ。

温かなもてなし、旅情あふれる湯の里の宿。

旅の想い出に彩りを添える、郷土の逸品。

目にも、体にも、心にも、感動サプライズ。

歴史と風土が織り成す、感激のひととき。

思いは深く、この地を愛する情熱人たち。

後世に語り継ぐ、豊浦ゆかりの偉人列伝。

安養寺の大仏

平安時代後期に造られた黒仏

安養寺の大仏

基本情報information

所在地 山口県下関市豊浦町大字厚母郷541
アクセス JR山陰本線 梅ヶ峠駅からバス2分「厚母」下車、徒歩約3分
JR山陰本線 梅ヶ峠駅から徒歩15分
問い合わせ 安養寺
TEL 083-772-1611

光明皇后の発願によって創建された長門の国分尼寺。その奥の院であった安養寺にまつられる大仏は旧国宝の阿弥陀如来(現・国指定重要文化財)です。八尺八寸八分(2.96m)の丈六仏(じょうろくぶつ)は、楠を材料にした寄木造り。全身が黒いことから「黒仏」とも呼ばれています。平成15年に遷座した大仏殿は、世界的に注目される建築家の隈研吾氏の設計によるもの。外壁には、地元の土を固めた約千五百個のブロックを積み上げるという日本初の工法が採用されています。

マップmap