観る・体験する

山海の幸、人の幸、美食家垂涎の味に酔う。

偉人が見染めた名湯に、身も心もときはなつ。

温かなもてなし、旅情あふれる湯の里の宿。

旅の想い出に彩りを添える、郷土の逸品。

目にも、体にも、心にも、感動サプライズ。

歴史と風土が織り成す、感激のひととき。

思いは深く、この地を愛する情熱人たち。

後世に語り継ぐ、豊浦ゆかりの偉人列伝。

孤留島(こるとう)

世界的ピアニスト「アルフレッド・コルトー」がこよなく愛した島、厚島

孤留島(こるとう)

孤留島(厚島)を眺めるビュースポット

国清山自然公園

場所 下関市豊浦町川棚湯町
アクセス JR川棚温泉駅から車で約5分
駐車場 無料 10台

青龍湖(舟郡ダム)

住所 下関市豊浦町川棚
駐車場 あり

響灘厚島展望公園(ポニーの谷)

住所 下関市豊浦町
アクセス 川棚温泉から車で約7分
問い合わせ 川棚温泉観光協会
TEL 083-772-0296

厚島(あつしま)は豊浦町の響灘沖合2kmに浮かぶ無人島で、周囲わずか4kmの男島、すぐそばの女島、竜宮島、石島の4島からなる島々の総称です。
世界的ピアニストアルフレッド・コルトーが昭和27年(1952年)、念願の日本公演を果たし、山口県では宇部と下関でコンサートを開催し、この間、コルトーが宿泊したのが、川棚のホテルでした。コルトーはまろやかな海となだらかな山に包まれた、やさしい川棚の美しさに魅了されました。
「私はこれまで世界の美しい海や山を見てきたが、こんなに美しい夢のような島はみたことがない。なぜか外国にいる気がしない。日本はブレ・ペイ(本当の国)だ。そういえる国はたくさんあるものじゃない。永久にここに住んでも悔いはない」と、同行していた愛弟子にもらしたと言われています。
そして、宿泊したホテルの窓から眺めた川棚の美しい風景…。とりわけ厚島と響灘の美しい風景に魅せられた彼は、当時の川棚村長に「天国のようなあの島でこっそり死にたい。ぜひ買いとりたい」と言ったそうです。居合わせた人々や村長は大変驚き、最初は冗談だと思い断りましたが、その熱心な気持ちに心打たれた村長と村民は「あの島に永久にお住みになるなら無償で差し上げましょう」と快諾。コルトーは感激して「トレビアン(感激)」を連発。「必ずまた戻る」、「私の思いはひとりあの島に残るだろう」とつぶやいたそうです。また、島の名前を「孤留島(コルトー)」と命名することも提案され、コルトーは大いに感動したと伝えられています。
厚島の美しい景色は今も変わらず、豊浦町の各所からその姿を見ることができます。