福徳稲荷神社碧と朱の美しいコントラスト、千本鳥居の絶景スポット。

眼下に広がる海と島、感動の光景に包まれる。

山口県の西側に広がる響灘の海岸線に沿って走る国道191号。通称、西長門ブルーラインと呼ばれる
この国道は、関門海峡エリアと<死ぬまでに行きたい!世界の絶景>で有名な角島大橋エリアを結ぶ人気のドライブルートです。
西長門ブルーラインを川棚温泉から角島に向かう途中、犬鳴峠の高台に壮麗な社殿を構える『福徳稲荷神社』があります。境内に足を運び本殿を背に海を眺めると、朱色の大鳥居越しに眼下に広がるのは響灘の碧い海。山口県で絶景が楽しめる神社として有名な「元乃隅(もとのすみ)稲成神社」に勝るとも劣らない絶景スポットです。碧い海、青い空、流れる白い雲、水面に煌めく太陽、朱色に輝く大鳥居、そして世界的ピアニストのアルフレッド・コルトーが愛した「孤留島(コルトー)」をはじめ遠くに浮かぶ緑の島々…それらが織り成す鮮やかなパノラマビューは誰もが息を呑むほどの美しさ。刻々と移り変わる陽射しを映し、多彩な表情で訪れる人を魅了します。

第7回豊浦フォトコンテスト会長賞受賞作品(福岡県北九州市 福森 和子様 撮影「響灘を望む大鳥居」)
 
ページトップへ戻る

幻想的な夕日の道、圧巻のサンセットビュー。

『福徳稲荷神社』で特にお勧めしたいのが、山口県内でも屈指の美しさを誇るサンセットビュー。西の水平線に沈む夕日が、海と空を茜色に染める美しさはまさに圧巻!とりわけ秋の晴れた夕方には、沈む夕日から大鳥居に向かって伸びる「夕日の道」が海面にくっきりと描かれ、幻想的な光景を満喫できます。
『福徳稲荷神社』を訪れたら境内から続く千本鳥居の散策もお忘れなく。別名、開運鳥居と呼ばれる鳥居のトンネルは、周囲の木々の緑と鳥居の朱色が溶け合い、その荘厳な美しさで目を楽しませてくれます。そして、木漏れ日を浴びながら延々と続く鳥居をくぐると、出迎えてくれるのは目に眩い碧一色の海と空。
すぐそばの道沿いからは、響灘の波に洗われた海岸線に寄り添ってのんびり走る列車を眺めるのも一興です。なかでも、2017年6月より運行を開始した豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が話題になっています。

 

※列車の写真は福徳稲荷から撮影したものではありません。
ページトップへ戻る

古より信仰を集める、霊験あらたかなお稲荷さん。

『福徳稲荷神社』の正式名称は「長門国稲城山福徳稲荷神社」。古歌に「長門なる稲城の山の姫あやめ時ならずして如月に咲く」と詠まれているほど、由緒の古い神社です。また、この歌から、十二代景行天皇がこの地に咲く美しい姫あやめの花と犬鳴山から見える景色に魅せられ、時が経つのを忘れてしまったほど風光明媚な場所とも伝わっています。
社殿の建つ高台は、地元では稲城山(いなぎやま)とも犬鳴山(いぬなきやま)とも呼ばれており、『福徳稲荷神社』はこの地名にあやかって「犬鳴のお稲荷さん」とも呼ばれ、多くの人々に親しまれています。特に、初詣や旧暦5月23日の二十三夜祭には多くの参拝者で賑わいます。長年地元の信仰を集めるお稲荷さんだけあって、開運、商売繁盛、家内安全、航海安全、学業成就、交通安全、豊漁祈願と、ご利益も実に多彩です。

 
ページトップへ戻る

動画ギャラリー

ページトップへ戻る

アクセス

住所:下関市豊浦町宇賀2960-1
川棚温泉から国道191号を北へ約8キロ 車で約15分
最寄りのバス停:ブルーライン交通バス福徳稲荷前バス停下車
最寄り駅:JR山陰本線湯玉駅から南へ約1.2キロ
駐車場あり 拝観無料

ページトップへ戻る

お問い合わせ

豊浦町観光協会 083-774-1211

ページトップへ戻る