豊浦町 青龍・毛利侯・山頭火・コルトーが愛した豊浦町

  • 豊浦おすすめスポット
  • イベント情報
  • 豊浦プレミアムストーリー
  • アクセス
  • 観光モデルコース

豊浦町の魅力

温泉・宿泊・休憩

川棚温泉

川棚温泉

古くから下関市・北九州市の奥座敷として親しまれる川棚温泉は、室町時代に豊浦町川棚の三恵寺の僧、怡雲和尚が掘り当てたといわれています。
泉質は塩類泉に属し、ラジウム含有量は豊富で、胃腸病、皮膚病、婦人病など幅広い効能を誇っています。昭和7年には、漂泊の俳人、種田山頭火が 100日程度滞在し、「涌いてあふれる中にねている」と名句を残しています。現在8軒の宿と1軒の温泉銭湯があります。

大河内温泉

明治8年、豊浦町宇賀湯玉の田村善左衛門が初めて五右衛門風呂を据えて営業を開始したといわれています。泉質は、アルカリ性単純泉で、神経痛、リュウマチ、皮膚病、やけど等に効能があります。
現在2軒の宿・立ち寄り湯があり入浴だけでもご利用いただけます。
新鮮な海の幸や、春から夏にかけてイノシシの焼き肉、秋から冬にかけてイノシシ鍋も味わえます。

海辺の宿

  • 温泉・宿泊・休憩
  • 味覚・ショッピング
  • 自然・景観
  • 歴史・史跡
  • 文化・芸術
  • 遊び・アクティビティ
  • 祭り・イベント
  • 豊浦の人
ページの先頭へ戻る