お食事

川棚温泉名物 瓦そば

焼茶そばと具の絶妙なハーモニー

山口県を代表するソウルフード。明治10年の西南の役において熊本城を囲む薩軍の兵士たちが長い野戦の合間に野草や肉などを瓦で焼いて食べたという古老の話にヒントを得た川棚温泉の名物料理。
瓦そば誕生の背景には川棚温泉ならではの歴史事情がありました。江戸時代、毛利侯の「御殿湯」になった川棚温泉は、周辺の社寺参詣とあわせた湯治場として栄え、沢山の旅人が訪れるようになったことから、治安を守るために庶民でも特別に「瓦」と「土塀」を使うことが許されました。瓦が生活にかかせなかったからこそ、瓦の上で色んなものを焼いて食べたというエピソードから「瓦そば」が生まれたのです。「瓦」にまつわる歴史物語に想いを馳せながら、懐かしくて香ばしい昔ながらの味をお楽しみください。
 
販売場所 瓦そばたかせ 南本館・本館・東本館
住所 〒759-6301 山口県下関市豊浦町川棚湯町
電話番号 083-772-2680
FAX 083-772-3957
URL http://www.kawarasoba.jp/
 
販売場所 川棚グランドホテル お多福
住所 〒759-6301 山口県下関市豊浦町川棚湯町
電話番号 083-774-1111
URL http://www.kgh-otafuku.co.jp/