豊浦町 青龍・毛利侯・山頭火・コルトーが愛した豊浦町

  • 豊浦おすすめスポット
  • イベント情報
  • 豊浦プレミアムストーリー
  • アクセス
  • 観光モデルコース

豊浦おすすめスポット

歴史・史跡

種田山頭火

花いばら、ここの土とならうよ

心の動きをあるがままに、かつ自然に表現する自由律俳句。それを代表する俳人として、今も多くの人たちから親しまれている種田山頭火(1882~1940年)。山口県西佐波令村(現・山口県防府市)出身の山頭火は波乱の半生の後、大正14年(1925年)に出家得度し、翌年より西日本を中心に旅をしながら句作を行いました。昭和7年(1932年)に川棚温泉を訪れた山頭火は、その自然の風景といで湯を心から楽しみながら100日ほど滞在し、数多くの句を詠みました。山頭火は「川棚温泉は私の好きな風景だ。山裾を丘陵にめぐらせ地形においても申し分がない」と称賛。また、「川棚は自分を最も落ち着かせてくれるところである。やはり自分はここに庵を結びたい。茨の花の白く咲くこの土。ここで死んで、このあたたかい温泉の涌く土に埋めてもらおう」と日記に綴り、「花いばら、ここの土とならうよ」の句を残しました。妙青寺の境内には「湧いてあふれる中にねている」の句碑があります。

  • 温泉・宿泊・休憩
  • 味覚・ショッピング
  • 自然・景観
  • 歴史・史跡
  • 文化・芸術
  • 遊び・アクティビティ
  • 祭り・イベント
  • 豊浦の人
ページの先頭へ戻る