豊浦町 青龍・毛利侯・山頭火・コルトーが愛した豊浦町

  • 豊浦おすすめスポット
  • イベント情報
  • 豊浦プレミアムストーリー
  • アクセス
  • 観光モデルコース

豊浦おすすめスポット

歴史・史跡

アルフレッド コルトー

私の思いはひとりあの島に残るだろう

世界を代表するフランス人ピアニスト、アルフレッド・コルトーは晩年の1952年に念願の来日を果たし、日本各地で演奏会を開催。下関公演の際に宿泊した川棚のホテルの窓から見えた厚島と響灘の美しい風景に魅せられ、永住したいと思いました。コルトーは、当時の村長に厚島を買い取りたいと交渉。村長は、厚島に永久に住むのであれば無償で差し上げると快諾しました。集まった人々からは、島の名前は「孤留島(コルトー)」と命名することも提案され、コルトーは大喜びで「私の思いはひとりあの島に残るだろう」と言いました。帰国後も周囲の人に『カワタナの夢の島』の話を楽しそうにしていたそうです。その後、病に伏し、二度と厚島を見ることなく他界しました。
2003年10月、コルトーが設立したパリのエコール・ノルマル音楽院から川棚のホテルに1本の電話が入り、生前コルトーが周囲に話していた「カワタナで見つけた夢の島、厚島」と「孤留島」が再び結びつきました。 
孤留島(厚島)の縁で江島潔下関市長と川棚温泉まちづくり協議会が2007年4月、パリ市のエコール・ノルマル音楽院を訪ね、アンリ・ウジェル校長とコルトーの息子ジャン・コルトー氏と面会しました。そして、日仏交流150周年にあたる2008年11月に再びパリで下関市とエコールノルマル音楽院とのパートナーシップを結ぶ調印式が執り行われました。2010年1月に完成した川棚温泉観光交流センター「川棚の杜」の大交流室・音楽ホールは「コルトーホール」と命名され、音楽を中心に、幅広い文化交流が生まれています。

「川棚の杜」の説明はこちら

  • 温泉・宿泊・休憩
  • 味覚・ショッピング
  • 自然・景観
  • 歴史・史跡
  • 文化・芸術
  • 遊び・アクティビティ
  • 祭り・イベント
  • 豊浦の人
ページの先頭へ戻る